アニメコンテンツマーケティングとは

アニメコンテンツマーケティング

近年、アニメやアイドルを中心とした日本のポップカルチャーはサブカルチャーの域を超え、子どもだけではなく、若者、大人も楽しむ“コンテンツ”として広く消費されています。

さらに、若年層の多くはニコニコ動画やPixivといったメディアに触れ、Twitterなどのソーシャルメディアを使いながらコミュニティを形成し、深いコミュニケーションを行っており、従来のマスマーケティング的な理解ではプロモーション効果を感じにくい状態となっているのではないでしょうか。

そうした中、今までアニメと関係のなかった企業様とのコラボレーションなどが頻繁に実施され、地方自治体もアニメコンテンツの恩恵を受けるべくイベントなどを頻繁に実施しております。

しかし、企業担当者様にとって、アニメの世界は非常に理解しにくく、ましてやUGCメディアや、ソーシャルメディアのコミュニケーションまで、体系的に理解して戦略を策定するのは困難で、実施をしたとしてもなんとなく流行ってそうだから、なんとなくキャラクターをつけて売ってしまったり、なんとなくイベントに出展してしまったりしているのではないでしょうか?

シェアコトでは、様々な大手企業様とアニメのコラボレーション実績を通して、フレームワークを作成し、数字を蓄積し、課題解決や数字の達成が戦略的できるのかを整理し、企業様がマーケティングの一環としてアニメコンテンツマーケティングをご検討いただけるよう体系化してきました。

御社の課題解決にアニメコンテンツマーケティングを検討してみませんか?

お困りではありませんか?

プロモーションの山を作りたい
新しい市場を獲得したい
ライバル企業に圧倒的な差別化をしたい

サポートできること

● アニメコンテンツとのコラボレーションを実施します
● アニメファンが喜ぶキャンペーンサイトの制作を行います
pixivやニコニコ動画でプロモーションをサポートします
● コミケを中心としたアニメ系イベントでの成功の企画をサポートします
● 眠ってしまっている御社の萌えキャラクターに命を吹き込みます
● その他、プロモーション映像、イベントなどの企画をサポートします

アニメコンテンツマーケティングで狙える効果

1. 短期的にプロモーションの大きな山を作ることができます
2. 中期的に御社のブランディングに寄与し、新しいお客様に御社の商品を利用してもらえる機会を作れます
3. 長期的に業界内でライバルとは全く異なるポジショニングを形成することができます

アニメコンテンツマーケティングで達成した数字

● ダウンロード数が数十倍になった
● 来客数が目標値の140%になった
● 会場で10,000人以上と接することができた
50以上のネットニュースに出た
● Twitterでの話題数が過去最高になった
● リツイート数が10,000を超えた
● 毎週100以上のフォロワーが増えるアカウントができた