アニメコンテンツマーケティングとは

近年、アニメやアイドルを中心とした日本のポップカルチャーはサブカルチャーの域を超え、
子どもだけではなく、若者、大人も楽しむ“コンテンツ”として広く消費されています。
御社の課題解決にアニメコンテンツマーケティングを検討してみませんか?

詳細をみる

グローバルBizジャーナル連載 第2回 アニメ、マンガ―「食」業界のサブカル活用

GBJ2
 「ローソンさんの説明をする前に、まずサブカルチャーとしてのアニメについて、分類をしっかりする必要があります」  武者氏は、一口に「アニメ」といっても幾つかの種類に分かれるという。「子ども向け」と「クリエイター・映画向け... 続きを読む

グローバルBizジャーナル連載 第1回 アニメ、マンガ―「食」業界のサブカル活用

GBJ1
秋葉原が電気街というのはとっくに昔のこと。今や「アキバ」にはアニメ、マンガが溢れ、それら「クール」なコンテンツを求めて外国人観光客が押し寄せている。 通りを歩けば大きなリュックを背負った白人男性や、中国語・韓国語の地図を... 続きを読む

第3回NEDレポート 腐女子マーケット

ned3
私が男代表のような面をして語るには少々おこがましいことを承知のうえで。 「女子供にゃ分かるまい」という言葉がありますが、「男にはなかなか分かり得ない」世界があります。麗しい顔をした男同士をカップリング妄想して喜ぶ女性たち... 続きを読む