第1回NEDレポート ニコニコ動画を数字と文化で理解する

決められた通りになんとなくやれば物が売れる時代ではない。ユーザーはみなプロであり、あらゆるエンタメ・マーケティングに触れ尽くしている猛者たちだ。

企業が何を売りたいか、ではなく、ユーザーが欲しいものに企業が歩み寄っていく。ユーザーの心に内在するコンテクストの一歩先をいかに提示し、喜ばせることができるか。これまで以上に企業のプロモーション担当者の腕が問われる時代である。

数多あるアプローチチャネルの1つとして、無視できない存在となりつつあるニコニコ動画。その企業プロモーション活用について考えるべく、株式会社シェアコトが主催し、ニコニコ本社で行われたイベント「第1回 NED」に行ってきた。

NEDとは米を中心に開催されるTED(Technical Entertainment Design)のニコニコ版としてもじったもの。

ニコニコ動画は言うまでもなくコメントを付けられる動画サービスで、175万人の有料会員を抱え、10代〜20代に対して強力にリーチする。

NEDはもはや無視できなくなっているニコニコをメディアとして企業は使えているのか? 如何にして使っていけばいいのか? に迫るセミナーイベントである……

さらに記事の詳細を知りたい方はこちら
http://asianbeat.com/ja/feature/daily_topics/457.html

(54 Posts)