文化と権利の狭間。企業のコスプレ活用は売上につながるのか

代理店時代、アニメやパチンコのイベントにはコスプレみたいなものを企画していましたが、よくよく考えてみると、文化理解も権利理解もできていなかったように思います。

一方で、今は仕事柄、コスプレ業界の人と話すことも増えていますが、ビジネス的な観点でコスプレ業界が動いているわけではないというイメージを持ちます。

大規模な企業×コンテンツのプロモーションにおいてイベントは外せません。その際、コスプレを活用(提案)することはとても多いのです。

そこで今回は、コスプレが企業プロモーションの売上に寄与するにはどうしたらいいのかを考えてみました。

■プランナーが理解すべき文化と権利

現在、企業のプロモーションで行うイベントは、コスプレ業界を巻き込んだイベントには出来ていないことが多いのではないでしょうか。

なぜ出来ないのか、それは内的な要因としてプロモーションプランナーのコスプレ文化への理解がないことが要因の一つと考えます。(広義でコンテンツ理解がないこと)……

さらに記事の詳細を知りたい方はこちら
http://blogs.itmedia.co.jp/mushatter/2012/11/post_19.html

(54 Posts)