「ユーザーファースト」と「カスタマージャーニー」のジレンマ。アニメコンテンツマーケターの視点でアドテック東京を見てきました。

■ユーザーファーストが設計しにくいマーケティング事情

9月17日、18日に東京国際フォーラムでアドテック東京が開催されていたので行ってきました。
その中でも以下のセッションを見てきました。

- カスタマージャーニーセッション -「たとえそれが仮説だとしても。カスタマージャーニーを描けないマーケティングが、機能するわけもない時代ですよね?」

上記の選んだ理由は、前回のブログでご紹介させていただきましたクレアラシルの企画において、ご一緒させていただいました、FICCさんが登壇されたためです。(もちろんテーマもラノベみたいで興味ありました)

さて、上記セッションは、
堀昌之さん(株式会社SAKUSEN TOKYO 代表取締役 プランニング・ディレクター)
上原哲郎さん(株式会社コンセント 代表取締役)
小川和也さん(SPARK株式会社 代表取締役)
深田浩嗣さん(株式会社ゆめみ 創業者兼取締役)
稲葉優一郎さん(株式会社FICC プロデューサー/クライアントサービス事業部マネージャ)
の5名の方がカスタマージャーニーについて、クライアント提案、デザイン、UX、オムニチャネル、ゲーミフィケーションーションなどの視点を対談形式で行っていました。

記事の詳細はこちら

(54 Posts)